株式会社RSKプロビジョンの用語集・よくある質問

株式会社RSKプロビジョンの用語集

映像制作などの業務で分かりにくい専門用語について解説を掲載しています。

ア行カ行サ行タ行ナ行ハ行マ行|ヤ行|ラ行|ワ行|

アスペクト比(画面アスペクト比)
映像の縦横の画面比率をアスペクト比といいます。
映像の種類による画面比率(横:縦)は、SDの場合は4:3や16:9、HDは16:9となります。
HD
HDはHigh Definition(高精細度)の略で、720pixel以上の垂直ピクセル数を持ち、なおかつ、画面アスペクト比が16:9である映像を指します。
ハイビジョン(画面解像度:1280×720)やフルハイビジョン(画面解像度1920×1080)がHDに該当しますが、フルハイビジョンの場合は区別するためにFull HD等と呼びます。
SD
SDはStandard Definition(標準精細度)の略で、HD以外の解像度の映像などに用いられます。
地上波デジタル放送が始まる前のアナログ放送やDVD、ビデオなどがSDに該当します。
HTMLコーディング
エディタを用いてホームページのデータを構成するHTMLデータを作成することをいいます。
MA
Multi Audioの略で、編集を行った映像に、音声(ナレーション、台詞、音楽、効果音など)を入れて、作品として最終的に仕上げる作業のことをいいます。
エンコード
テープなどに収録された映像をデータに変換したり、編集用のコンピュータから映像データを書き出す作業をエンコードといいます。
なお、DVDやBDを作成する際、元となる映像データをそれぞれの規格に合わせた映像データに変換することもエンコードといいます。
オーサリング(DVD、BDなど)
映像や音声、静止画像(画面メニューなど)などの様々な素材を使い、DVDやBDを作成する作業をオーサリングといいます。
オーサリングでできたマスターを利用してDVDやBDを作成していきます。
オーサリング(コンテンツ)
映像や音声、静止画像の様々な素材を使い、ソフトウェアを作成していく作業をオーサリングといいます。
オフライン(オフライン編集)
収録テープを編集用にコピーしたもので映像を編集したり、撮影データを画質の粗い仮のデータを使って編集することをオフライン編集といいます。
オフライン編集を行って映像の内容を煮詰めていき、最後に収録テープや実際の撮影データを元に編集を行うオンライン編集を行います。
オンライン編集
映像を収録したテープや映像データなどの素材を使用して、納品品質の映像として仕上げる編集をオンライン編集といいます。
完パケ
『完全パッケージ』の略で、完成した作品を収録したメディアで、『マザー』と同義です。
キネコ
ビデオ映像をフィルムに変換する作業をキネコといいます。
白マザー
字幕などのテロップが入っていない編集済みのテープのことを白マザーといいます。『白完パケ』とも呼ばれます。
DVD
DVDはDigital Versatile Discの略で、映像や音声などのデータを収録するメディアです。
記録容量は片面1層で4.7GBとなり、大容量の高画質の映像データを収録できます。
なお、DVDに収録する映像の規格(DVD-Video)では標準とされている映像の解像度は横720pixel×縦480pixelのSD画質、映像のビットレートも最大約9.8Mbpsと定められています。
デバッグ
コンピュータを使用したソフトウェアを作成する際、動作不良などのバグが無いか確認し、バグがあれば修正していく作業のことをデバッグといいます。
テレシネ
16mmフィルムや35mmフィルムなどのフィルムを、ビデオ映像に変換する作業をテレシネといいます。
ドメイン
ドメインとは、インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するために付けられる名前の一種です。
例えば、当社のホームページアドレスは『http://rsk-pv.jp/』ですが、ドメインは『rsk-pv.jp』となります。
ドメインは重複することがないようにICANN(jpドメインはJPNIC)が管理を行っています。
ノンリニア(ノンリニア編集)
コンピュータを使用して映像編集をすることをノンリニア編集といいます。
従来からあった2台のデッキを使用してテープからテープへ編集していく編集方式はリニア編集といいます。
ブルーレイ
ブルーレイとはBD等とも称されるBlu-ray Discのことで、DVDに次ぐ次世代光ディスクの規格です。
HD画質の映像を収録する際はブルーレイを用います。
映像を収録するメディアとして利用される他、インターネットを利用したコンテンツやマルチメディアコンテンツなどを収録することもできます。
マザー
撮影や編集、MAなどを経て完成した作品を収録したメディア(テープ、ディスク、データなど)をマザーと呼びます。
マスター
撮影に使用したテープのことを指します。
時に『マザー』と同義で用いられることもあります。
ラッシュ
編集を行うために、ネガフィルムからポジフィルムにやきつけたものをラッシュフィルムといいます。
また、ラッシュフィルムで編集した作品を試写することをラッシュ試写と呼びますが、ビデオなどでも同じように試写などを『ラッシュ』と呼ぶことがあります。