株式会社RSKプロビジョンの業務案内

株式会社RSKプロビジョンの3Dランドスケープシステム

3Dランドスケープシステムとは

衛星・航空写真等のデータと標高データから3D空間MAPを作成し、その中をフライトシミュレーターのような感覚で、上下左右に自由に空を飛びながら情報(コンテンツ)を閲覧できるシステムです。
ユーザーは簡単な操作で空間フライトがバーチャルに楽しめます。
観光案内や地域情報などを、通常とは違った見せ方でアピールすることが出来ます。

バーチャル空間フライトは、空撮による映像が使用される中で、それに代わるものとしての3次元GISを使用した仮想(バーチャル)空間を作成し、従来の空撮と同様またはそれ以上のものを作成するものです。
さらに、垂直写真と標高データを使用し、3次元のバーチャル空間を作成、フライトルートを設定し、空撮映像を作成します。

従来の空撮映像の場合、気象条件に左右されたり、イメージしていた空撮が撮れなかったりというようなケースが少なからずあり、再撮影となるとコスト的・日程的にも非常に負担がかかります。
そこでバーチャル空間フライトを使用することにより、天候に左右されることもなく、フライト設定も何度も行うことが可能です。

また、過去の写真・地形データをバーチャル空間として構築することにより、不可能であった過去の空撮映像を作成することが可能となり、データを一度作成すれば、何度でもどんな視点からも複数のルートによるフライトも実現することが出来ます。

コンテンツイメージ

都市計画や河川・道路整備計画のように精密さを要求される局面においてGIS完全準拠かつインターフェースをはじめとする様々なカスタマイズを許容する柔軟なシステム構成。

  • 歴史のなかの町
    山鳥坂ダム3Dランドスケープシステム 
    (国土交通省四国地方整備局山鳥坂工事事務所)
    美術のひととき
    四国スカイウォーカー
    (国土交通省 四国地方整備局 徳島河川国道事務所)

航空写真・衛星写真を使用したリアルな3DCGを利用しての情報発信GISに準拠しつつ、軽快な動作でFlash、Director、HTML等の情報発信に適したフォーマットとの融合が可能。

  • 歴史のなかの町
    鏡野町郷士博物館コンテンツ 
    (岡山県鏡野町)
    美術のひととき
米軍および旧日本陸軍撮影による 戦中・戦後
航測写真を用いた 高精細デジタルオルソ3D-GISデータ提供

3Dランドスケープシステムを使用して、米軍の撮影による戦前および昭和21~24年のモノクロ航空写真をはじめ、過去の様々な航空写真から3次元GISデータを再構築・提供します。 

昭和20年代以前の航空写真は精度や情報が不足しているため、これまで3次元GISデータを構築することは不可能でしたが、 
デジタルオルソ3D-GISによって画像正幾何と標高情報(DEM)を抽出することができるようになり、昭和21~24年頃に米軍が撮影した戦後日本の航空写真が、このほどデジタルデータ化が実施され、 かつては入手不可能だった古い時代の3次元GISデータ構築およびバーチャル空間フライトが可能になりました。 

米軍および旧日本陸軍撮影による 戦中・戦後(昭和14~24年) 航測写真は、紙焼きプリントのみが公開され使用していましたが、この度高精細デジタルデータの提供が開始されたことにより、当時の様子を空撮映像として見ることが可能となり、 空撮映像がない時代をバーチャル空間フライトすることで、写真プリントからだけでは把握しきれなかった情報が見えてくるのではないかと考えます。